×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME >> Vistaの使い方・快適化・Q&A >> NOW

Windows Vista ディスククリーンアップの使い方

Windows Vista ディスクデフラグツールの使い方を解説していきます。

Windows Vistaを初め、どんなパソコンでも日常使用でどんどん不要なファイルがたまっていきます。

この不要なファイルを定期的に削除することで、HDDの空き容量が増え、Vistaの動作の高速化、安定化も期待できます。

 

 

 

 

Windows Vista ディスククリーンアップの使い方

まずは、Windows Vistaのディスククリーンアップを起動しましょう。

 

スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→システムツール→ディスククリーンアップ

 

以上でディスククリーンアップツールが起動します。

 

Windows Vista ディスククリーンアップの使い方は簡単です。

ディスククリーンアップが起動したら、@から掃除したいドライブを選択してください。

(全て順番に選んでいってもOKです)

Windows Vista ディスククリーンアップの使い方1

 

AOKをクリックすると、空き領域が計算されます。

Windows Vista ディスククリーンアップの使い方2

 

削除するファイルを選んで最後にOKをクリックすればクリーンアップが始まります。

 

休止状態ファイルクリーナ:Vistaから搭載されたスリープ機能を利用する際に必要なファイルです。

スリープを使用する場合は削除しないほうが良いでしょう。

ちなみに搭載メモリの分だけ容量は消費されます。

Windows Vista ディスククリーンアップの使い方3

 

詳細オプションからはシステムの復元で使用する復元ファイルを削除できます。

最新の復元ファイル以外が削除されますので、不要な方は削除すればよいでしょう。

不安な方はそのままでも問題ありません。

Windows Vista ディスククリーンアップの使い方4

 

 


 

>>HOME  >>TOP  >>BACK